HOME > 一覧(〜種 / 〜属 / 〜科 / 〜目) > メジロザメ目 > メジロザメ科 > メジロザメ属 >

ウシザメ(オオメジロザメ) / オグロメジロザメ / カマストガリザメ / ガラパゴスザメ / クロトガリザメ / クロヘリメジロザメ / スミツキザメ / タイワンヤジブカ / ツマグロ / ツマジロ / ドタブカ / ナガハナメジロザメ / ハナグロザメ / ハナザメ / ハビレ / ペレスメジロザメ / ホウライザメ / ホコサキ / メジロザメ(ヤジブカ) / ヨゴレ / Blackspot shark / Borneo shark / Creek whaler / Finetooth shark / Graceful shark / Nervous shark / Pondicherry shark / Smalltail shark / Smooth tooth blacktip shark

メジロザメ目 > メジロザメ科 > メジロザメ亜科 >メジロザメ属 >

ヨゴレ
Carcharhinus longimanus

他の呼び名:Oceanic whitetip shark

 
 
 
 

YoC
DATA

黒潮コメッコ 第2弾
16 ヨゴレ
全長4m
世界中の熱帯から亜熱帯海域の外洋に分布する。
変な名前は汚れたようなヒレの模様にちなむ。
人食い御三家(?)として悪名高いホホジロザメ・オオメジロザメ・イタチザメに次ぐ危険なサメと考えられ、第二次世界大戦中、多くの遭難者を襲ったことが知られている。
本当は御三家と同じくらい危険なのだが、常に沖合いを泳いでいるため、人間と出くわす機会が少ないのかもしれない。また延縄漁の影響などで個体数も減っているらしい。

※ ヨゴレ専門サイトへのリンク募集。