ジンベエザメ

Rhincodon typus
ジンベエザメ Rhincodon typus

ジンベエザメの生態、特徴

体は青っぽ。白っぽい斑点がある。腹側は白い。

生態:えさは主に動物プランクトンを食用とし、甲殻類や魚なども捕食する。

お腹の中で卵を孵す卵胎生。

広域を回遊する回遊魚。

分布:世界中の温帯・亜熱帯・熱帯海域。沖合い、沿岸域や外洋。

体長:最大15m。(最大18mとの言われることも。)

昔からジンベエザメは恵比寿鮫と呼ばれ縁起がよいとされる。

カツオ漁などでジンベエザメが現れると大漁になる。

それは鰹など小魚を捕食するフィッシュイーターはプランクトンを捕食するジンベエザメなど大型の魚類に着く。

ダイビングの対象。

プランクトンを捕食する小魚が着き、その小魚を狙ってカツオなどが寄るから。

カグラザメ目 > カグラザメ科 > エビスザメ属 > エビスザメ とは別種。

 

 

 

ジンベエザメの釣り方、採り方

 

 

 

 

 

 

 

ジンベエザメの飼い方

 

 

 

 

 

 

 

ジンベエザメの食べ方

 

 

 

 

 

 

 

ジンベエザメ Rhincodon typus 投稿者 管理人

 

地球生命紀行

サメ・エイ

 

ジンベエザメ[ジンベエザメ科]

Rhincodon typus

温帯周辺、亜熱帯海域の表層水域に生息。

体長は最大14m。

背は灰色の地に縦横に白地の斑点が網状に広がっている。世界最大の魚である。

ジンベエザメ Rhincodon typus 投稿者 管理人

 

黒潮コメッコ 第2弾

19 ジンベエザメ

最大18m

最大の魚類で、全世界の熱帯から亜熱帯海域に分布する。

歯が貧弱でプランクトンを吸い込んで食べるが、イカやときにはマグロさえも飲み込むことがある。

サンゴやカニの一斉放卵を狙って集まることも知られる。

性質はおとなしく、まず人は襲わない。

ただし皮膚がサメ肌であり、万一ぶつかると危険。

和名は夏服の甚平に柄が似たことから。

日本では昔から、大漁の神でもある恵比寿にちなんで、「エベッサン」などとよばれ親しまれてきた。

 

 

 

ジンベエザメ Rhincodon typus ジンベエザメ Rhincodon typus 投稿者 めめ さん

 

2007.02.11

沖縄 美ら海水族館。

館で飼育されているジンベエザメ。

 

 

 

※ ジンベエザメに詳しいページリンク募集中!

釣絶!魚ゲノム