シーラカンス

Latimeria chalumnae
シーラカンス Latimeria chalumnae

シーラカンスの生態、特徴

およそ7000千万年前に滅びたとされていた、シーラカンスが1938年南アフリカの漁船の網にかかり発見されたのち賞金付で探し、100匹程が捕まっている。

シーラカンスの仲間は数億年前は沢山いて、沼や湖・陸上などを這いまわっていた。

7000千万年前に現在の2種以外は滅びたとされている。

コモロ諸島の浅い海から深海400m位までにすみ、小魚などを食べている。

全長2m。

水中ではエラ呼吸をして陸上で空気を呼吸することも可能。

陸上でヒレを使い歩くことも可能。

尾ビレは3つに分かれウロコは厚く頑丈で背骨は節に分かれていない。

産卵は卵をそのままお腹の中でかえし1年ほど育てた後に稚魚を産む。

姿は魚だが両生類の祖先に近い「生きた化石」の古代魚、深海魚。

最近では写真、画像、動画などもあるので探してみると面白いと思います。

ヒレには関節が存在する。

魚類中最も古い種。

2m、90s。

 

 

 

シーラカンスの釣り方、採り方

 

 

 

 

 

 

 

シーラカンスの飼い方

水族館で飼育しているところがあればよいが…

 

 

 

 

 

 

シーラカンスの食べ方

コモロ諸島では干物や塩漬けにして食べていたようである。

 

 

 

 

 

 

Coelacanth 投稿者 管理人

 

深海生物 2

08 シーラカンス

Coelacanth / Depth:200-600m

1938年アフリカ南東部の海域で発見された「生きた化石」。

 

水深200m位の岩礁地帯に棲んでいるが、2000m以上の深海に棲む魚を食べていた記録もあり、生態には謎が多い。

最近ではインドネシアでも近縁種が発見されている。

※ シーラカンスに詳しいページリンク募集中!

釣絶!魚ゲノム